亀頭直下埋没法

今では気軽に行われている包茎手術なのですが、この包茎手術にもメスを使って切る手術と、メスを一切使わない手術の2通りの手術方法があります。
できればメスを使わずに手術ができるならそれに越したことはないのですが、包茎の度合いによってはやはりどうしてもメスを使わないと治らないというケースもあるのです。
このメスを使って切る手術を行う際、どうしても気になる部分が手術後の傷跡という部分になります。
普段見られる部分の箇所ではないにしろ、お風呂や性行為の際にペニスに傷が残っていることで包茎手術をしたことがバレるというのはどうしても避けたいものなのです。
むしろ、元々は包茎だったというのをアピールしているようなものでもあります。
そこで、手術後に傷跡が目立たない包茎手術の方法としてオススメなのが、「亀頭直下埋没法」という術式となってきます。

メスを使って亀頭の下にある余分な包皮を切り取って、カリの下の部分で縫い合わせる手術方法で、様々な種類がある包茎手術の中で最も一般的な方法になってくるのです。
といったことから、大体のクリニックでこの手術を行うことができます。
他にもメスを使用した包茎手術は、「環状切開術」や「背面切開法」などが存在します。
しかし、環状切開術は亀頭の数センチ下の包皮を切除するために手術後の傷跡が目立ちやすく、さらにツートンカラーになりやすいというデメリットがあります。
そして、背面切開法の場合も包皮上部に切り込みを縦に入れる必要があるため、手術後の傷跡が目立ちやすくなるのです。
それに反して、亀頭直下埋没法だと特に手術後の傷跡が目立ちにくい理由には、メスを入れる位置に関係しています。
包皮をカリの下で縫合するので、カリの膨らみに隠れて手術の傷跡が目立ちにくいというメリットがあるのと同時に、手術後にツートンカラーになりにくいというメリットもあります。

ちなみに、この亀頭直下埋没法での手術を行う際は、泌尿器科での手術よりも専門のクリニックでの手術のほうが良いというようにいわれています。
一番の理由に、病院で包茎手術を行なう場合よりも包茎治療を専門に行なうクリニックのほうが、手術後の傷跡を目立たせないための配慮を手厚く行う場合が多いためなのです。
また、包茎手術の種類によっては傷跡の残り具合が医師の技術に左右されるリスクが存在しますが、包茎手術専門のクリニックのほうが病院よりも包茎手術に関する医師の技術が優れている場合が多く、より高いレベルの手術を受けられることができます。
そのため、切除する包皮の量を間違えたり感度を損なうなどの失敗の可能性が少なく、納得する包茎手術を受けられることができるのです。