気をつけたいポイント

包茎手術の傷跡に関してこだわりたいというのであれば、一般的には「亀頭直下埋没法」という術式が一般的には有効とされています。
しかも、泌尿器科のような病院で手術を行うより、包茎を専門としたクリニックでの手術がさらに納得のできる仕上がりになりやすいともいわれています。
ちなみに、専門のクリニックでの手術となると、費用に関しては10万円~20万円弱が一般的な相場となってきます。
環状切開術に必要な費用の相場は5万円~8万円程度なので、他の包茎手術と比較すると亀頭直下埋没法は高額な部類の包茎手術となるのです。
しかし、包茎手術は人生で1度しか受けない手術であり、料金の安さで手術の方法や利用するクリニックなどを選択すると後で後悔することになるかもしれません。
基本的に、包茎手術は保険適応外ですので全額自己負担となりますから安く済ませようと3万円程度から受けられるものもあれば、最先端技術を利用した50万円程度のものまでと費用も様々で、そして担当する執刀医のレベルもかなりの差があります。

一概に言い切ることはできませんが、比較すると費用が安くて手軽な手術であるほど手術痕が消えなくなってしまう失敗を背負うリスクが高く、最先端技術を利用した高額手術ほど綺麗に消える可能性が高くなる傾向にあるのです。そもそも、包茎手術の際にメスで切った箇所は糸を使って傷口を縫合することになります。
切開方法が悪かったり縫合が荒い、また術後のケアを怠ってしまった場合には抜糸をした痕も縫合痕が目立ちやすくなってしまいます。
ここで一つのポイントとなるのですが、やはりここは腕の良い医師に手術を担当してもらうことで傷跡を少しでも目立たなくしてもらうということです。
ただ、レーザーメスを使用した手術の場合には要注意で、出血量こそ少なくなる手術方法ですが変わりにペニスが火傷を負った状態になりますので、手術後に変色が目立ちやすくなる可能性があります。

とはいえ、今ではほとんど使用されていないメスとなりますので、このレーザーメスを使うようなクリニックや医師は避けたほうがいいのかもしれません。
次に、ペニスは通常部位によって肌の色が変わり先端に向かって濃くなるグラデーション状になっていますが、包茎手術を受けることによって色の境目がはっきりと分かれるツートンカラーになることがあります。
ですが、これに関しては医師の腕という部分は関係ないところでもありますので、こういったことになりうる可能性があるということの認識だけは常に頭に入れておかなければ、後々おかしな問題へと発展することが回避できるはずなのです。